SWOT分析から考えるセラピストのキャリア戦略

自分の将来のキャリアを考えるにあたり、まずは現状の自分を知る必要があります。

 

「自分には何ができるのか」「どういうスキルを持っているか?」「得意・不得意は?」

 

それに加えて、周囲の環境・状況を把握する必要があります。

「診療報酬制度の影響は?」「働いている職場の環境は?」「セラピスト業界の動向は?」

 

こういったことを分析していく必要があります。

 

つまり、社会情勢や転職市場などの“環境”と自分自身の“内面”を理解することで、最適なキャリアプランを練ることが出来るでしょう。

 

例えば、野球の試合をする際は、

・自身のチームの状況

・対戦チームの情報、グランド状況など

これらの情報を収集して、試合に臨みますよね。

 

今回は経営戦略でよく利用されるSWOT分析を用いて、キャリアの分析をしていきましょう。

SWOT分析とは・・・

SWOTは先にも述べましたが、“敵”と“己”の理解をまとめるのに便利なツールで、経営戦略でよく使われるものになります。

 

<SWOT>

  • 強み(Strength)
  • 弱み(Weakness)
  • 機会(Opportunity)
  • 脅威(Threat)

これら4つの略になります。

 

周囲を取り巻く環境を

「強み・弱み」といった内部環境(自分自身)

「機会・脅威」という外部環境(社会情勢など)

 

この2軸で分析する状況分析のフレームワークになります。

 

 

Strong     強み:目標達成に影響するであろう個人のスキル。

Weakness   弱み:目標達成の障害になるであろう個人のスキル。

Opportunity  機会:目標達成に影響するであろう外部の影響。

Threat    脅威:目標達成の障害となるであろう外部の影響。

 

 

しっかりとしたキャリアプランには、SWOTの正しい理解が必要となります。

 

SWOT分析の結果を元に、その目標が達成できるものなのか、そうでないのかを判断しましょう。

SWOT分析の次を考える

SWOT分析から見えたものを今度は、

  • どのように強みを活かすか?
  • どのように弱みを克服するか?
  • どのように機会を利用するか?
  • どのように脅威を取り除く、または脅威から身を守るか?

これらの視点が重要になります。

クロスSWOT分析

SWOT分析したものを利用して、「クロスSWOT」を用いて更に検討していきます。

 

クロスSWOTは「外部環境」と「内部環境」の4つの要素を掛けあわせることで、目標達成に向けた戦略の方向性を導き出すフレームワークになります。

 

以下のものは経営向けに利用するものですが、もちろん「自社」を「自分」に置き換えて検討することもできます。

  • 「強み」と「機会」の掛け合わせ
  • 「強み」と「脅威」の掛け合わせ
  • 「弱み」と「機会」の掛け合わせ
  • 「弱み」と「脅威」の掛け合わせ

「強み」「弱み」「機会」「脅威」それぞれを掛け合わせてることで、何をするべきなのか?どうするべきか?などの方向性が見えてきます

 

これがクロスSWOT分析となります。

まとめ

自分のキャリアを考えるうえで重要なことは、まず自分自身を知ること。

さらに、自分を取り巻く外部の環境を知る必要があります。

独自の強みや、他者がマネすることのできないスキルといった「強み」をまず持つことが重要ではないかと考えています。

すぐにでもできるSWOT分析を用いて、自身の分析をしてみましょう。

  • この記事を書いた人

田中 宏樹

After Reha代表の田中宏樹です。医療保険、介護保険分野のそれぞれで経験を積みながら、経営・マネジメントの勉強・情報発信も行っています。認定理学療法士(脳血管・運動器)/ ドイツ筋骨格医学会認定マニュアルセラピスト / PNFアドバンスコース修了 / FBL Klein-Vogelbach 全課程修了 / 成人ボバースアプローチ基礎講習会修了 / 健康経営アドバイザー /

よく読まれている記事

1

体幹ってなんで大切なの?なぜ鍛える必要があるの? そう思われたことはありませんか? 「体幹」はカラダの中心にあって、すべての動きに関連する非常に大切な部位とされています。 体幹を鍛えることは、動作のパ ...

2

「体幹トレーニング」という言葉を聞いたことがある方も多いのではないでしょうか。 サッカー日本代表で活躍した長友佑都さんが行っていた体幹トレーニングが話題となりましたね。 長友佑都 体幹トレーニング 2 ...

3

ここ数年筋力トレ(筋力トレーニング)ブームが起こっていますよね。 書店には筋トレ関連の本が多く並んでおり、フィットネスジムも多くなってきました。   Googleトレンドのキーワード検索率で ...

-キャリアデザイン, セラピスト向けブログ
-, , , ,