【図解】あなたの目標をマンダラチャート(マンダラート)で明確化しよう!

みんさんはマンダラチャートと呼ばれる画期的なフレームワークをご存じでしょうか。

 

これは、MLBのロサンゼルス・エンゼルスに所属する大谷正平選手が、高校生の時に目標設定のために使用したと言われ、有名になりました。

 

このマンダラチャート、私も以前使用しましたが目標達成のためにすべきことが明確になるため非常に使い勝手がいいものでした。

 

今回は、このマンダラチャートをどのようにキャリアデザインに組み込んでいくかをご紹介していきます。

マンダラチャートとは?

 

マンダラチャートは「マンダラート」「マンダラシート」とも呼ばれ、経営コンサルティングを行う株式会社クローバ経営研究所代表の松村氏よって開発されたものになります。

(参考:ウィキペディア マンダラート

 

一見ただのマス目状のもので、計算か何かに使うように思えますが、実は事業計画や目標設定から勉強や自分人身の事など、非常に幅広く応用の利くフレームワークになります。

 

使い方として3×3の9マスを1つとし、中央に目標や夢を書き込んで、その周囲8マスに目標や夢を達成するために必要となる要素を書き込んでいきます。

 

この9マスからさらに派生して9×9の81マスで構成されるマンダラチャートを用いることで、より詳細な設定が可能となります。

 

まとめるとこんな感じです。

 

使い方

  1. マスの中央に目標や夢を書く
  2. 中央のマスの周りに達成するため必要と思われる8つの要素を書き出す。
  3. さらに8つの要素それぞれを達成するために必要な要素を8つ書く。

 

図にした方が分かりやすいので図にします↓

マンダラチャートで各要素部分に空白のセルがあっても良いとされることもありますが、できるだけ目標達成のために必要な要素を挙げるようには心がけてください。

 

マンダラチャートの最大のメリット

マンダラチャートを作るメリットとしては、何といっても目標達成のために行わなければならない要素を「見える化」できるところでしょう。

 

「見える化」されることで、目標達成までのアクションプランが立ちやすくなります。

 

目標だけ立てても、結局何をしていい分からないといった事にならないように、マンダラチャートを利用してゴールまでの道のりを明確化しましょう。

マンダラチャート使用時のポイント

要素にはできるだけ数字を用いる

目標達成のための要素にはできるだけ数字を用いるようにしましょう。

 

例えば〇月〇日までに10kg減量するを目標としたとき、必要な要素として1カ月に1kg減量するなど、数字使用することで、必要なアクションプランさらに具体化してきます。

 

行動に移せる内容にする

目標達成のために必要な要素は、具体的に行動できる内容にしましょう。

 

具体的でなければ、結局どのように動いていいのか分からなくなります。

 

特に9×9マスのマンダラチャートを使用する場合は、それぞれ具体的に行動に落とし込めるレベルを設定しましょう。

 

5W1Hの視点を持ってセルを記入する

1、2と共通する部分がありますが、にかく目標達成のために5W1Hを意識しましょう

 

そうすることで、具合的なアクションプランが要素として組み込め、質の高いマンダラチャートが出来上がります。

 

マンダラチャートの具体例

それでは具体例を提示していきましょう。

 

ここでは、セラピストが整体院として起業したいという目標を掲げて例を作っていきます。

まとめ

マンダラチャートをまとめるには、それになりに時間がかかります。

 

なにせ、73項目の必要要素を埋める必要があるためです。

 

ただ、基本の3×3をしっかり組み立てることが一番重要だと思います。

 

目標達成のためにしっかりと必要な要素を見極めて、それぞれ達成していけるようにしましょう。

 

このマンダラチャートはいろいろな場面で活用してほしいと思います。

 

おすすめ図書

 

 

こちらの記事もオススメ

【3M】3つのムリ・ムダ・ムラを見つけて業務の効率化を図ろう!

仕事をしていると「これってムダだなぁ。」と感じる瞬間はありませんか?   また「このスケジュールはムリでしょ。」そういったことを1度は経験したことがあるのではないでしょうか。   ...

続きを見る

 

 

 

  • この記事を書いた人

田中 宏樹

After Reha代表の田中宏樹です。医療保険、介護保険分野のそれぞれで経験を積みながら、経営・マネジメントの勉強・情報発信も行っています。認定理学療法士(脳血管・運動器)/ ドイツ筋骨格医学会認定マニュアルセラピスト / PNFアドバンスコース修了 / FBL Klein-Vogelbach 全課程修了 / 成人ボバースアプローチ基礎講習会修了 / 健康経営アドバイザー /

よく読まれている記事

1

体幹ってなんで大切なの?なぜ鍛える必要があるの? そう思われたことはありませんか? 「体幹」はカラダの中心にあって、すべての動きに関連する非常に大切な部位とされています。 体幹を鍛えることは、動作のパ ...

2

「体幹トレーニング」という言葉を聞いたことがある方も多いのではないでしょうか。 サッカー日本代表で活躍した長友佑都さんが行っていた体幹トレーニングが話題となりましたね。 長友佑都 体幹トレーニング 2 ...

3

ここ数年筋力トレ(筋力トレーニング)ブームが起こっていますよね。 書店には筋トレ関連の本が多く並んでおり、フィットネスジムも多くなってきました。   Googleトレンドのキーワード検索率で ...

-キャリアデザイン, セラピスト向けブログ
-, ,