【腸活】乳酸菌をとるより簡単!?乳酸菌とは違う「乳酸菌生産物質」を知っていますか?

「腸活」というワードが一般的になってきましたが、腸活を意識して何かされていますか?

 

テレビでは乳酸菌の効果を大々的に宣伝したヨーグルトや乳飲料をよく見ます。

 

今回はそんな乳酸菌よりも簡単に摂取できて、さらに重要だと着目されている「乳酸菌生産物質」について、効果を含めてお伝えしていきます。

乳酸菌生産物質とは?

「乳酸菌生産物質」というものをご存じですか?私もつい最近まで知りませんでした。。

 

乳酸菌という言葉はよく知られていますが、乳酸菌生産物質については知らない方がほとんどだと思います。

 

乳酸菌生産物質とは、簡単に言えば「腸内に存在する善玉菌が作り出す重要な物質のこと」です。

 

健康に良いイメージの乳酸菌ですが、乳酸菌自体の働きよりも乳酸菌が作り出す物質の方が健康にとって大きな働きをしてくれると注目されています。

 

乳酸菌と乳酸菌生産物質

乳酸菌生産物質は、善玉菌(プロバイオティクス)善玉菌のエサとなる(プレバイオティクス)を口から摂取することで、腸内で自然に生成されるのを待つのが一般的でした。

 

ですが乳酸菌などは腸内でずっと留まって働いてくれることは残念ながらありません。

 

食べたり、飲んだりして摂取された乳酸菌は体内で定着せず、一定期間の経過を経て、体外に排出されていしまいます。

 

そのため、発酵食品などの商品は毎日のように摂取し続けることが必要となります。

 

また腸内細菌の種類や数は人によって決まっているため、どれの食品や飲み物が適しているかも実際に食べてみなければわかりません。

 

日々いろいろな食品からプロバイオティクス・プレバイオティクスを多く含んだ食べ物を摂取する必要があるのです。

 

参考までに、プロバイオティクスとプレバイオティクスの多い食品を記載しています。

プロバイオティクスが多い食品

  • ヨーグルト
  • 味噌
  • キムチ
  • 納豆
  • ぬか漬け
  • チーズ など

プレバイオティクスが多い食品

  • 玄米、麦
  • さつまいも、里芋
  • 大豆、おから、きなこ
  • かぼちゃ、人参、大根、れんこん、ごぼう
  • しいたけ、しめじ、えのき
  • ひじき、わかめ、昆布
  • りんご、バナナ、干しぶどう など

 

詳しくはこちらの記事もご覧ください↓

参考【予防】免疫力アップの鍵を握る『腸内環境』を整えるには?

感染症が流行したこともあって、免疫力向上が大切とメディアではよく取り上げられていまいた。 でも免疫力を高めるにはどういったことをしたらいいのだろう?そう悩んだことがある方も多いはずです。 運動・食事・ ...

続きを見る

 

一方で乳酸菌生産物質は、「バイオジェニックス」と呼ばれるの代表格の1つになります。

 

現在は人の腸内環境に似た環境を作り出すことで、人工的に乳酸菌生産物質を作り出すことができるようになっています。

 

乳酸菌生産物質はアミノ酸、ビタミン、ミネラルなど様々な栄養素が豊富に含まれている製品になり、作用の仕方も異なります。

(参考)バイオジェニックスとは 光英科学研究所

乳酸菌生産物質の働き

バイオジェニックスの1つである乳酸菌生産物質は、プロバイオティクスとプレバイオティクスは腸内フローラを介すことで多様な働く流すのに対して、腸内フローラを介すことなく直接的に作用します。

 

生きた菌とは違うため、胃酸や胆汁などの影響を受けず腸内までしっかり届き、腸内の免疫機能を活性化する働きや、コレステロールや血糖値・血圧上昇を抑える働きがあります。

 

また物質を酸化させる力が非常に強い活性酸素を減少させるなど、多岐にわたって働いてくれています。

 

ここでプレバイオティクス・プロバイオティクス・バイオジェニックスの働きを以下に図で提示します。

 

(光岡知足:腸内フローラの研究と機能性食品.腸内細菌学雑誌 15: 57-89, 2002を参考に作図)

 

バイオジェニックスの作用

  • 免疫賦活
  • コレステロール低下作用
  • 血圧降下作用、
  • 整腸作用
  • 抗腫瘍効果
  • 抗血栓,造血作用
  • 疾病予防・回復
  • 老化制御

 

たくさんの発酵食品や食物繊維をとらずとも、現在サプリメントから簡単に摂取できるので、免疫力の向上にはとてもお手軽になっています。

 

乳酸菌生産物質の購入時の注意点

乳酸菌生産物質のサプリメントについては、Amazonなどのインターネットでも広く取り扱われています。

 

金額は安いものであれば数ヶ月分で2,000円台から、高いものでは1ヶ月分30,000円近くするものもあります。

 

購入時の注意点としては、パッケージに表示されている「原材料名」に先頭に『乳酸菌生産物質』と書いてあるかを確認するようにしてください。

 

原材料名の表示については、使用した重量の割合の高い順に表示されています。

 

先頭に乳酸菌生産物質がない場合は、使用量が少ないことが考えられますのでその点だけは注意しましょう。

 

複数調べた中で、良さそうなものがマザーリーフさんから発売されているバイオジェニックスサプリメント「善玉菌プレミアムDiet」

ダイエットと謳われておりますが、ダイエット以外の効果もしっかりと紹介されています。

 

気になる原材料名の部分も先頭に「乳酸菌生産物質」がきており、含有量が多いのが明確です。

(画像元:マザーリーフ オンラインショップ)

詳しくはこちら

 

こちらの商品購入時の注意点としては、4ヶ月以上継続利用することが条件で安価に購入できるようになっていますので、あらかじめ期間は了承しておく必要があります。

 

Amazonや楽天で購入するよりはお安くなっているようなので、気になるようであれば4ヶ月経過後にでキャンセルするのもよいでしょう。

 

キャンセルは電話にて可能となっているようです。

 

まとめ

乳酸菌生産物質はサプリメントでお手軽に摂取できるにもかかわらず、免疫などに直接作用してくれるので発酵食品が苦手な方にもおすすめです。

 

ただし、粗悪品なども商品の中にはありますのでパッケージ裏の原材料名の確認は忘れないように行ってくださいね。

 

参考文献

・光岡 知足:腸内フローラの研究と機能性食品.腸内細菌学雑誌 15: 57-89, 2002

・光岡 知足:腸内フローラとその機能.食衛誌. Vol.36, No.5 583-587

・光岡 知足:プレバイオティクスと腸内フローラ.腸内細菌学雑誌 16:1-10,2002

・光岡 知足:健康長寿のための食生活.(岩波書店)

・Mehrbod Estaki et al:Cardiorespiratory fitness as a predictor of intestinal microbial diversity and distinct metagenomic functions.Microbiome . 2016 Aug 8;4(1):42

・Vincenzo Monda et al:Exercise Modifies the Gut Microbiota with Positive Health Effects.Oxid Med Cell Longev. 2017; 2017: 3831972.

森田 英利:運動と腸内細菌叢.腸内細菌学雑誌 34 : 13-18,2020

日本消化器病学会 食と消化器病委員会 第5回座談会 「食と腸内細菌」

  • この記事を書いた人

田中 宏樹

After Reha代表の田中宏樹です。医療保険、介護保険分野のそれぞれで経験を積みながら、経営・マネジメントの勉強・情報発信も行っています。認定理学療法士(脳血管・運動器)/ ドイツ筋骨格医学会認定マニュアルセラピスト / PNFアドバンスコース(3B)修了 / FBL Klein-Vogelbach 1,2a+b修了 / 成人ボバースアプローチ基礎講習会修了 / 健康経営アドバイザー /

よく読まれている記事

1

体幹ってなんで大切なの?なぜ鍛える必要があるの? そう思われたことはありませんか? 「体幹」はカラダの中心にあって、すべての動きに関連する非常に大切な部位とされています。 体幹を鍛えることは、動作のパ ...

2

「体幹トレーニング」という言葉を聞いたことがある方も多いのではないでしょうか。 サッカー日本代表で活躍した長友佑都さんが行っていた体幹トレーニングが話題となりましたね。 長友佑都 体幹トレーニング 2 ...

3

ここ数年筋力トレ(筋力トレーニング)ブームが起こっていますよね。 書店には筋トレ関連の本が多く並んでおり、フィットネスジムも多くなってきました。   Googleトレンドのキーワード検索率で ...

-一般のみなさまへ, 健康ブログ
-, , , ,